施工実例

宮坂組 > 施工実例

木曽川水系和合沈砂地工事用道路工事

元請け

No.10

本工事は、長野県木曽郡南木曽町の和合地区に建設が予定されている砂防施設の、工事用道路建設工事であり、山間地を開拓しながら「多数アンカー式の補強土壁工法」にて道路を構築していく工事で、土砂運搬、資材搬入も片側からしか行えない「片押し」という現場条件で施工を行なうため、土砂や資材の運搬車両による一般車との接触事故防止には、特に対策・工夫が必要でありました。大型の工事車両も多く往来しましたが、出入口での安全対策の工夫と環境対策への工夫により交通障害や事故、又、土砂により道路を汚す事も無く、無事故無災害で工事を完了することが出来ました。第三期目の今回も、地元水路組合さん及び近隣の皆様には御理解・御協力いただきました事、この場をかりて深く感謝申し上げます。

 

EC-7

施工年月:2017年03月