施工実例

宮坂組 > 施工実例

飯田維持管内トンネル補修工事

元請け

第一新谷橋 完成
第一新谷橋 施工状況

本工事は、国道484号線矢筈トンネル(延長4176m)及び国道153号線第一新谷橋の補修工事でした。現場の劣化状況によって、工事内容が変更となり工法検討には苦労しましたが、「橋梁の長寿命化」=「みんなの生活を守る」が達成できました。特に第一新谷橋では、技術・効果向上のため、コンクリート床版打替え(WJ工法)、橋面防水(ウレタン系)、部分塗装(エポガードシステム)等、多くの新技術(NETIS)を採用しました。

 

矢筈TN 完成

施工年月:2015年12月