施工実例

宮坂組 > 施工実例 > 2014年

三遠南信大鹿道路建設工事

元請け

三遠南信大鹿道路建設工事

施工内容は新設の橋梁23号橋(神之峰西橋)の起点側橋台(A1) 1基、本線の路体・路床盛土、本線の道路土工(切土)、補強土壁(テールアルメ工法)、法面の排水構造物ぼ建設で工期は丸々一年かかりました。
A1橋台の施工箇所は崖の上に建設するため、テールアルメを先行して施工しなければ、橋台建設部の掘削にかかれないという現場条件で、橋台建設箇所は下方には生活道路である市道が位置しており、岩盤掘削作業においては、下方への落石及び飛石による災害防止が最重要項目となりましたが、万全の安全管理体制での施工を行い無事完成することができました。
この一年は大雨、台風、大雪と自然の猛威にも苦労させられましたが素晴らしい線形で構築させ完成することができました。

施工年月:2014年03月

三遠南信龍江地区道路建設工事

元請け

三遠南信龍江地区道路建設工事

一年にわたり、現場一丸となって施工し満足いく出来形となりました。
特に曲線ばかりの道路線形やI・Cの線形は美しく出来たと思います。
無事故で完成でき発注者の要望にも対応し満足の結果となりました。

施工年月:2014年03月